ビタミンCとビタミンEとは、お互いに助け合い、身体の健康の役に立つ働きをしています。

わたしたちの身体に存在する60兆個の細胞の一つ一つは、脂質を主成分とする「細胞膜」で覆われています。細胞膜は、細胞を一定の状態に保ち、有害物質の侵入を防ぐという重要な役割を担っています。

しかし、この細胞膜が活性酸素の攻撃を受けると、主成分である脂質が酸化され、「過酸化脂質」と言う物質に変化します。

過酸化脂質が増えると細胞膜が正常に機能しなくなり細胞にダメージを与えるため、皮膚の老化を早めるなど体に様々な悪影響を及ぼします。

このような細胞のダメージから身を守るために重要な役割を担うのがビタミンEとビタミンCです。

細胞膜中に存在しているビタミンEは抗酸化作用により、脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を保ちます。しかし、この時使われたビタミンEは効力が失われてしまいます。

そこで力を貸すのがビタミンCです。ビタミンCは効力を失ったビタミンEを復元する力があるのです。

このように抗酸化作用を持つビタミンEとビタミンCは生体内でチームワークを発揮しているのです。

これがビタミンCとビタミンEの相乗効果なのです。