ケルセチンとは

ケルセチンとは玉ねぎやそばに含まれるフラボノイドの一種で、ルチン、ヘスペリジンとともにビタミンPと呼ばれていた時代もあります。

黄色い色素で染料としても使われていました。

ケルセチンの役割と効果について

ケルセチンには血液の流れを改善する作用があり、生活習慣病(動脈硬化、高血圧など)の予防・血糖値の低下作用・アレルギーの緩和に効果が高い成分です。

ケルセチンの過剰摂取について

ケルセチンを食べ過ぎることによって起きる副作用等は報告されていません。

ケルセチンの摂取方法

ケルセチンは玉ねぎ・絹さや・ブロッコリーなどの野菜や、りんご・ブドウ・クランベリーなどの果物に含まれています。

ケルセチンはまた、油と一緒に摂取すると吸収効率が高まることが報告されています。

まとめ ケルセチンが効果のある症状

  1. 抗酸化作用
  2. 動脈硬化の予防
  3. 血糖値低下作用
  4. コレステロール低下作用
  5. アレルギーの緩和作用