ヘスペリジンとは

ヘスペリジンとはビタミンPとも呼ばれるビタミン様物質です。ヘスペリジンはビタミンCの発見者であるセントシェルジ博士が発見しました。

ヘスペリジンは温州ミカンや、熟す前の青ミカンなどの柑橘系の皮や袋、白筋に多く含まれています。フラボノイド骨格を持つポリフェノールの一種です。

ヘスペリジンの役割と効果について

ヘスペリジンには末梢血管を強くする作用のほか、高脂血症を予防する作用などがあることも報告されています。

毛細血管の強化作用のほか、血流改善作用、血中中性脂肪の低下作用、血中コレステロール値の改善作用、抗アレルギー作用、リウマチ症状改善作用などの生理機能が報告されています。

ヘスペリジンの過剰摂取について

過剰摂取による問題は特に報告されていません。

ヘスペリジンの摂取方法

水に溶けにくいという性質を持っているために、消化吸収されやすく処理したサプリメントなどを利用すると良いでしょう

まとめ ヘスペリジンが効果のある症状

  1. 冷え性
  2. 高脂血症
  3. 血流改善
  4. コレステロール値改善