野菜不足や脂肪の摂りすぎ、お酒の飲みすぎなどの食生活の乱れは、癌の発症リスクを高めます。

大腸がんを例にとると、菜食主義者、肉類(特に保存・加工肉)や動物性脂肪の摂取量の少ない国では大腸癌の発生率が低いです。

このことから欧米人に比較して、日本人の大腸癌の発症の可能性は低いですが、アメリカなどに移住した日本人は癌になりやすくなっています。

また、肥満は大腸癌のリスクを上げることがわかっていますので、生活習慣を改めましょう。

癌になる原因と予防の原因

 食道がん胃がん大腸がん肝臓がん肺がん乳がん
野菜の摂取
果物の摂取
肉類の摂取
塩分の摂取
アルコールの摂取↑↑↑↑↑↑
熱い飲食物の摂取
肥満の人↑↑↑↑↑↑
運動する人↓↓