アカツメクサ とは

アカツメクサとは、シャクジソウの一種で、赤クローバーとも呼ばれる植物です。主に、ヨーロッパや西アジアに分布しています。牧草として日本にも移入されました。

アカツメクサ の役割と効果について

ハーブとして多用されており、イソフラボンとエストロゲンが含まれています。これらの成分は女性の更年期障害の緩和に効果があります。

そのた、咳止め、口内炎に効果があり、飲むと気管支炎、湿疹、外傷にも治療効果が期待できます。

アカツメクサ の過剰摂取について

特に問題は確認されています。

アカツメクサ の摂取方法

ハーブティーとして飲んだリ、タバコとして吸われたりしますが、サプリメントの成分としても利用されています。

まとめ アカツメクサが効果のある症状

  1. 更年期障害
  2. 口内炎
  3. 気管支炎
  4. 湿疹