アシュワガンダ とは

アシュワガンダとは、インドやアフリカ、地中海地方に植生する背の低い植物です。小さな赤い実を付けます。

インドではアシュワガンダは古来より「アンチエイジングの薬」「若返りの薬」として重宝されてきました。アーユルヴェーダ療法では、不老長寿の薬としても用いられています。

アシュワガンダ の役割と効果について

アシュワガンダには様々な効果効能が期待されています。その主成分は下記です。

  • ウィザフェリンA
  • ウィザノン
  • メトキシウィザフェリン
  • アルカロイド類
  • サポニン
  • タンニン
  • カリウム

アシュワガンダは血糖値を下げる効果がありますので、糖尿病予防や痩身にも期待が持てます。

また、精力増強や筋肉増強にも効果がありますので男性にとってはありがたいハーブと言えます。スタミナとバイタリティーがあふれる魅力的な男性になれるかも、です。

また、昨今ではガン予防、癌治療に効果があるといわれ研究が進んでいます。

記憶障害やアルツハイマー、認知症の改善、予防にも効果があります。

抗ストレス効果がありますので、ストレスを感じた時にはアシュワガンダを飲むと良いでしょう。

アシュワガンダ の摂取方法について

アシュワガンダの薬効成分は根っこや葉の部分にありますので、サプリメントで摂取することになります。

しかしながら、2013年に日本の薬事法で、その活性成分であるウィザフェリンAが医薬品のみに使用可能と規定されました。なので、アシュワガンダのサプリメントは個人輸入として海外から輸入することになります。

まとめ アシュワガンダ が効果のある症状

  1. 糖尿病
  2. 精力増強
  3. 滋養強壮
  4. 抗ストレス
  5. 認知症、アルツハイマー
  6. 筋肉増強