塩酸ピリドキシンとは

塩酸ピリドキシンとは水溶性ビタミンB6の一種で、たんぱく質の代謝促進や皮膚炎を予防する働きがあります。脳や神経、皮膚などを正常に保つ女性にとってうれしい成分です。

塩酸ピリドキシンの役割と効果について

塩酸ピリドキシンの役割は、脳の刺激伝達物質の生成だったり、神経の刺激伝達のアミノ酸の生成だったり、食品中のたんぱく質からエネルギー産生したりします。つまり、エネルギーを効率よく生成するビタミンと言えます。

皮膚や粘膜を守る役割がありますので、口内炎や舌炎を防いでくれます。

女性特有の月経前症候群の身体のだるさ、頭の痛みなどを軽減してくれます。妊娠中のつわりなどの原因も抑えてくれます。女性にとっては不可欠なビタミンと言えますね。

塩酸ピリドキシンの過剰摂取について

水溶性ビタミンなので、あまり多く摂りすぎる心配はありません。ただ、大量摂取した際は、睡眠障害や感覚神経の障害などが報告されています。

逆に不足した場合は、湿しんなどの皮ふ炎や口内炎、貧血、脳波の異常などがおこります。

塩酸ピリドキシンの摂取方法と多く含む食品

  

  • にんにく
  • まぐろ
  • かつお
  • レバー
  • 肉類
  • バナナ

たんぱく質(肉・魚・乳製品)の摂取の多い人ほど塩酸ピリドキシンをたくさん取る必要があります。ビタミンB群は相互に協力して働きあいますので、他のビタミンと一緒に摂るのが良いでしょう。

特に、ビタミンB2、ビタミンC、マグネシウムと一緒に摂取すると相乗効果が期待できます。

まとめ 塩酸ピリドキシンが効果のある症状

  1. 動脈硬化
  2. 肌荒れ
  3. 妊娠中毒