パパイヤ酵素とは

パパイヤ酵素とは、青パパイヤの皮を傷つけた際に出てくる白い乳液上の液体の中に含まれているパパインの事です。

パパイヤはもともとな中南米の熱帯アメリカに生息していましたが、最近では沖縄や台湾でもフルーツとして栽培されています。

パパイヤ酵素の役割と効果について

パパイヤ酵素の役割は消化にあります。脂質、たんぱく質、炭水化物を分解、消化し、栄養素を吸収しやすくしてくれます。パパイヤにはクエン酸、リンゴ酸やキモパパイン、プルテアーゼなどの消化酵素を含んでいます。

その他、パパイン酵素には痛みを抑えたり、抗菌抗炎症作用などもあります。花粉症にも効果があります。

高脂血症、糖尿病、高血圧、高コレステロールにも効果があります。

パパイヤ酵素の摂取方法

パパイン酵素は、青いパパイヤに含まれています。青パパイヤで作るタイのサラダ「ソンタム」などは良いでしょう。

またはサプリメントを利用します。

まとめ パパイヤ酵素が効果のある症状

  1. 胃もたれ
  2. 糖尿病
  3. 高血圧
  4. アレルギー性疾患