グルコサミンとは

グルコサミンとは、カニやエビの甲殻類の殻に存在するアミノ糖の一種です。膝の軟骨成分として有名です。似たような成分でコンドロイチンがありますが、こちらは膝の関節部分に水分や栄養を運んでくれる潤滑油の役割を果たします。

グルコサミンの役割と効果について

グルコサミンは軟骨や爪、じん帯、皮膚などに存在し、細胞と細胞をつなぎとめる結合組織の役割を担っています。

グルコサミンは膝の軟骨成分で、摂取することにより加齢や肥満が原因で関節が痛くなるのを防いでくれます。

グルコサミンの過剰摂取について

グルコサミンのサプリメントは、原材料に甲殻類を使うことがあるので、甲殻類アレルギーを持っている人は注意してください。

その他副作用は特に報告はありません。

グルコサミンの摂取方法と多く含む食品

グルコサミンはエビやカニの甲殻に含まれていますので、これを食べるのは難しいですから、サプリメントで摂取します。グルコサミンとコンドロイチンの双方が配合されたサプリメントが相乗効果が期待できます。

まとめ グルコサミンが効果のある症状

  1. 関節痛
  2. 変形性関節症