キャッツクローとは

キャッツクローとは南米ペルーに自生する、カギカズラ属のハーブです。写真のように、茎に猫の爪のようなとげがある事からそう名付けられました。

キャッツクローはインカ帝国の時代から薬草として用いられ、ペルーの原住民はこれを戦時とお茶として飲んでいました。

キャッツクローの役割と効果について

キャッツクローの薬効成分は、アルカロイド、トリテルペン、ポリフェノール、プロアントシアニジンです。免疫力を高めてくれる効果があります。

有名な効果としては抗炎症作用で、関節炎や神経痛、リウマチに効くハーブとして有名です。

その他、血管を拡張し血圧を下げたり、脳梗塞や脳卒中の予防もしてくれます。

キャッツクローの過剰摂取について

キャッツクローは血管を拡張する作用がありますので、血圧を下げる薬との併用は避けたほうが良いでしょう。また、血液擬固阻害剤を引用している人もキャッツクローの摂取は控えてください。

キャッツクローの摂取方法

主にサプリメントで摂取することになりますが、錠剤のものもあれば、カプセル、ティーバックなどもあります。

まとめ キャッツクローが効果のある症状

  1. リウマチ
  2. 関節炎
  3. 神経痛
  4. 高血圧
  5. 炎症を抑える