ガルシニアとは

ガルシニアとは、インドやスリランカに植生する黄色をしたミカンほどの果実をつける果樹です。多雨地方に自生し、古くから民間薬として使われていました。

ガルシニアの役割と効果について

ガルシニアの薬効成分は果実の皮に含まれているヒドロキシクエン酸で、肥満を防止する効果がある事で有名になりました。ダイエットサプリメントとして現在は広く世界で販売されています。

炭水化物はブドウ糖に消化分解され、エネルギーとして使われますが、余ったものは脂肪として蓄積されて、いざという時の為に保存されます。

ヒドロキシクエン酸の肥満防止効果の仕組みは、摂取したブドウ糖が脂肪に変換される働きを阻害して、エネルギーとして利用しやすいグリコーゲンに変換してくれることです。

また、空腹感を抑制し、飢餓感を少なくしてくれますので、自然に食事の量が減っていくというありがたい効果があります。

ガルシニアの過剰摂取について

副作用もなく、減量のリバウンドなども報告されていません。

ガルシニアの摂取方法

ガルシニアを摂取するにはサプリメントを利用するのが一般的です。ガルシニアエキスまたはヒドロキシクエン酸に、他の成分を加えて販売しています。ヒドロキシクエン酸は「HCA」と表示されることもあります。

サプリメントは食前30分前に飲みましょう。

まとめ ガルシニアが効果のある症状

  1. 肥満防止
  2. 減量