ガラナとは

ガラナとは、アマゾン川流域で植生するつる科の植物です。小さな赤い実は熟すると弾け、中から黒い種子が出てきて目玉のようです。

アマゾンの原住民はこの種を潰して、食して元気を付けていました。この趣旨には珈琲の約3倍のカフェインやタンニンが含まれています。

そのほかテオフィリン、デオブロミンなども含まれています。カフェインはアルカノイドの一種で興奮作用、テオフィリンは鎮痛作用、デオブロミンは神経興奮作用があります。

日本では精力増強剤としてドリンクやチョコレートに混ぜて食されています。

ガラナの役割と効果について

ガラナの効果としては、鎮痛、解熱、強壮などがあげられます。北海道では疲労回復、精力増強剤ドリンクとして大変な人気となっています。

原産国ブラジルでも人気が高く、スタミナアップ、眠気防止、体力増強、疲労回復、動脈硬化に効果があるとされています。

ガラナの過剰摂取について

カフェインが多く含まれていますので、大量に摂取するとカフェイン中毒になる事もありますので、用量を守ってお飲みください。

ガラナの摂取方法

ガラナエキスはサプリメントやジュース、チョコレートとして販売されています。治療目的としては1日に1~3mgを摂取してください。

まとめ ガラナが効果のある症状

  1. 精力増強
  2. 疲労回復
  3. 動脈硬化
  4. 眠気覚まし
  5. 高血圧
  6. 鎮痛
  7. 解熱