カバノアナタケとは

カバノアナタケ(チャーガ)とは、北海道やユーラシア大陸に植生する白樺に生えるキノコのことで、一般のキノコのように傘がありません。表面は黒く凸凹していて、黒いダイヤと呼ばれています。

カバノアナタケの役割と効果について

カバノアナタケの効果は、超強力な抗酸化作用です。カバノアナタケにはSOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)と呼ばれる抗酸化物質が多量に含まれています。抗酸化力は、アガリスクの4倍、野菜ジュースの14倍というデータも出てきています。

また、β-Dグルカンも豊富に含まれています。β-Dグルカンはキノコ類に多く含まれているもので、人体の免疫機能を高めます。β-Dグルカンは免疫細胞を活性化する働きが強いとされています。

カバノアナタケはその強力な抗酸化力と免疫力アップ効果によって、癌、糖尿病、高血圧、動脈硬化などの生活習慣病予防に効果があります。

抗ウイルス力も強く、インフルエンザやHIVウィルスにも対抗できるといわれています。

カバノアナタケの過剰摂取について

過剰摂取についての副作用は報告されていません。

カバノアナタケの摂取方法

カバノアナタケを砕き、4gをパックに詰め、2リットルのお湯で20分煎じてお茶として飲みます。1日に600ccを、2回に分けて飲みましょう。

まとめ カバノアナタケが効果のある症状

  1. がん予防
  2. 血糖値の正常化
  3. アレルギー性疾患
  4. 免疫機能強化