核酸(DNA・RNA)とは

核酸とは、DNA(デオキシリボ核酸)とRNA(リボ核酸)との総称で、遺伝子をつかさどり細胞の分裂と生成を行う成分です。

人間の身体は常に細胞分裂を起こして活発に活動していますので、核酸の栄養素もたくさん消費されています。

核酸は体内でも合成されますが、加齢とともにその能力が衰えてきますので、食物として食べて補給することが望ましい。核酸が不足すると新陳代謝が衰え、老化の原因となります。

核酸(DNA・RNA)の役割と効果について

DNAは遺伝子情報を持ち、RNAはその遺伝子情報に従ってたんぱく質を作る役割を担っています。DNAが設計室で、RNAは工場です。

核酸がたくさん消費される場所は、皮膚、髪、生殖器です。核酸を食べる事で皮膚や毛髪が美しくなってきます。

核酸を構成するアデノシンという成分は肩こりや冷え性の改善にも効果があります。また、活性酸素を除去し、壊れた細胞を修復してくれますので、免疫力アップやがん予防にも繋がります。

核酸(DNA・RNA)の過剰摂取について

高尿酸血症や痛風の症状がある人は核酸が多く含まれる食品を食べると、プリン体のせいで、症状が悪化しますので控えるようにしてください。

核酸(DNA・RNA)の摂取方法と多く含む食品

1日に必要な核酸の量は1日に2~2.5gです。核酸は、ビタミンEやビタミンB群と一緒に摂ると相乗効果が期待できます。

核酸が多く含まれる食品は下記です。

  • 鮭の白子
  • ふぐの白子
  • いりこ
  • 酵母

まとめ 核酸(DNA・RNA)が効果のある症状

  1. 肩こり、冷え性
  2. 動脈硬化
  3. がん予防
  4. 疲労回復