イチョウ葉とは

イチョウ葉とは、日本でも珍しくない秋には黄色になる植物の葉です。果実は銀杏として食することが出来ます。イチョウは2億年も前から存在するといわれ、その生命力には凄いものがあります。

健康食品として利用されるイチョウ葉エキスは、葉っぱを乾燥させてアルコールで成分を抽出させます。

イチョウ葉の役割と効果について

イチョウ葉はヨーロッパでは、医薬品として取り扱われており、その効果は血流改善薬です。脳梗塞の治療に効果があります。

イチョウ葉エキスの有効j成分はフラボノイドとギンコライドです。フラボノイドは強い抗酸化力ががあり、毛細血管を保護して強化します。ギンコライドは血流を良くし、血栓ができにくくしてくれます。

また、イチョウ葉はアルツハイマー予防や脳の機能の向上にも役立ちます。それはイチョウ葉の抗酸化力と血液サラサラ効果によって脳を保護してくれるからです。

記憶力アップ、集中力アップ、思考力アップ、痴ほう症やアルツハイマーの改善が期待できます。受験生やビジネスマンなどが集中して頭を使うときにイチョウ葉エキスをとると良いでしょう。

イチョウ葉の摂取方法

摂取量の目安はエキスで1日120mgです。1日3回、食後にどうぞ。

イチョウにはギンコール酸が含まれていますので、お茶として飲む場合は飲みすぎに注意です。ギンコール酸はアレルゲン物質でかぶれる原因です。

まとめ イチョウ葉が効果のある症状

  1. 物忘れ
  2. 認知症
  3. 脳の老化防止
  4. 記憶力アップ
  5. 心臓病
  6. 高血圧
  7. がん予防