イソフラボンとは

イソフラボンとは、大豆が発芽する部分の廃場に含まれるポリフェノールの一種です。化学構造が女性ホルモンのエストロゲンと似ているために、女性にとってうれしい効果が期待されています。

イソフラボンの役割と効果について

女性ホルモンのエストロゲンの効果は、生理をもたらし、女性らしい体つきにしたり、骨からカルシウムが溶け出るのを抑えてくれたりします。その他動脈硬化やコレステロールを抑制したりしてくれます。

加齢とともにエストロゲンの分泌量が減少すると、「更年期障害」が起きてきますが、イソフラボンはイライラ、のぼせ、頭痛などの症状を抑えてくれます。

イソフラボンの過剰摂取について

イソフラボンを多くとっても体外に排出されるので問題はありません。

イソフラボンの摂取方法と多く含む食品

加齢や極端なダイエットによってエストロゲンは減少しますので、積極的にイソフラボンを摂るようにしましょう。更年期に入る前やダイエット中などでは、大豆料理を食べるようにすると良いです。

サプリメントでは、大豆イソフラボンのはいったプロテインが良いでしょう。

イソフラボンが多く含まれる食品は下記です。

  • 納豆
  • 豆腐
  • 油揚げ
  • みそ

まとめ イソフラボンが効果のある症状

  1. 更年期障害
  2. 歯や骨の強化
  3. がん予防
  4. 美肌
  5. 動脈硬化