ポリフェノールとは

ポリフェノールとは、複数のフェノール性水酸基をもつ化合物の総称で、植物が光合成をおこなう際に作られる物質です。

植物の苦みや渋み、赤や紫の色の色素の成分です。有名なのはブドウの皮や種に含まれる色素や、お茶の渋みや苦み、灰汁などを言います。

ポリフェノールの役割と効果について

ポリフェノールは約4,000種類以上あり、それぞれに効果効能がありますが、共通して言えるのが「抗酸化作用」です。

強力な抗酸化作用により、活性酸素を除去し、病気や老化を予防してくれます。

また悪玉コレステロールの酸化を防ぐため、高脂血症を予防します。

ポリフェノールの摂取方法と多く含む食品

ポリフェノールが含まれる食品を摂る時は、ビタミンC、E、βカロテンと一緒に摂取すると抗酸化作用に相乗効果が生まれます。

ポリフェノールのサプリメントで効率よく摂取することをお勧めします。

ポリフェノールが含まれる食品とポリフェノールの主な種類は下記です。

種類効果と食品
アントシアニンアントシアニンはブドウの皮にたくさん含まれています。タンニンやカテキンも多く含みます。ブルーペリーにも含まれています。
カカオマスポリフェノールココアやカカオに含まれています。活性酸素を除去し、胃潰瘍にも効果ありです。
ウーロン茶ポリフェノールウーロン茶のポリフェノールは、脂肪燃焼を促進したり、コレステロールを抑えます。
クロロゲン酸珈琲に含まれ、ガン予防に効果があります。
ケルセチン野菜に含まれるフラボノイドの一種で、血流の流れを促すなど血流改善効果あり。
カテキン紅茶や緑茶などで知られている苦み成分で、フラボノイドの一種。抗酸化作用のほか、抗菌作用。

まとめ ポリフェノールが効果のある症状

  1. 動脈硬化
  2. 脳血栓の予防
  3. 高コレステロール値
  4. 高脂血症
  5. がん予防