ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸とは、ムコ多糖の一種で、細胞と細胞の間をつなぎとめている成分です。ネバネバしており、保水量はヒアルロン酸自身の重量の6000倍もあるといわれています。

ヒアルロン酸の役割と効果について

保湿成分が高いヒアルロン酸はコンドロイチンと同じ働きを持ち、親密に相乗効果をもたらしてくれます。ヒアルロン酸は細胞組織の構築、細胞外液の水分調整、潤滑油、傷の治療の役割を果たします。

リウマチや関節炎にヒアルロン酸を注射すると滑らかになります。

ヒアルロン酸は血液の保水力を調整してくれるので、血液が固まる事が原因の動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞が予防できる効果があります。

ヒアルロン酸は、体内の細胞を活性化し、必要な栄養素を必要な場所に運びます。ミネラルやアミノ酸、ビタミンを運びます。

また、活性酸素の除去や老化防止の効果があります。

女性には肌の保湿や美肌、若返りとして関心を持っている成分です。シミやシワの予防が出来、張りのあるお肌が実現します。

ヒアルロン酸の摂取方法と多く含む食品

ヒアルロン酸は鶏のトサカや、鳥かわに多く含まれていますが、これらは食することに馴染みがない人が多いので、サプリメントで摂取することをお勧めします。

まとめ ヒアルロン酸が効果のある症状

  1. シミ、シワ予防
  2. 肌の保湿
  3. 関節炎、リウマチ