ビタミンB2とは

ビタミンB2とは、水溶性ビタミンの一種で、成長に欠かせないエネルギー代謝に関係してくるエンザイム(補酵素)として働きます。

ビタミン剤を摂りすぎるとおしっこが黄色くなったりしますが、あの色の原因はビタミンB2の色なのです。

ビタミンB2の役割と効果について

ビタミンB2は、たんぱく質や糖質の代謝と脂肪の分解・合成に役立ちます。ですから、ダイエットなどをしているひとは、ビタミンB2を摂る事によって脂肪燃焼効率が高まります。

また、皮膚粘膜の健康維持を高めますので、女性にとってはうれしい、美肌や髪、爪をきれいする「美容のビタミン」とも言われ重宝されています。

逆にビタミンB2が不足しますと、肌荒れや、口内炎や舌炎などの症状が出てきます。眼精疲労や白内障などの症状も報告されています。お肌が脂っぽくなります。粘膜の保護に役立つビタミンと言えます。

ビタミンB2の過剰摂取について

ビタミンB2は水溶性なので、摂りすぎるとおしっことして体外に排出されますので、過剰摂取に関してはあまり心配はありません。おしっこが黄色くなります。

まれにかゆみ、しびれ、灼熱感、ちくちく感などがあるようです。

ビタミンB2の摂取方法と多く含む食品

  • チーズ
  • レバー
  • 納豆
  • うなぎ

病気で長期入院している際に食事制限が行われている人、ダイエット中の人はビタミンB2が不足しがちなので、サプリメントで摂るようにしましょう。

美肌に効果があるビタミンですから、ビタミンCも同時に摂る事で美しいお肌が期待できます。

まとめ ビタミンB2が効果のある症状

  1. 口内炎
  2. 美肌
  3. 白内障