ビタミンB1とは

ビタミンB1とは、チアミンとも呼ばれ、水溶性ビタミンです。ビタミンB2、B6、B12、葉酸などを総称した「ビタミンB群」の一つです。

疲労回復のビタミンとも呼ばれ、市販されている疲労回復や滋養強壮の栄養ドリンクや、医薬品はこのビタミンB1が含有されていることが多いです。

発見者はなんと日本人の鈴木梅太郎です。1910年に米ぬかから抽出に成功し、オリザニンと名付けました。「江戸煩い」と言われた脚気治療に効果があります。

ビタミンB1の役割と効果について

ビタミンB1の主な役割は、炭水化物、糖質、ブドウ糖をエネルギーに変換する働きです。また、肝臓や腎臓に蓄積された疲労の原因、乳酸をエネルギーに転換してくれます。

ビタミンB1が不足すると乳酸が肝臓に溜まってしまい、疲労の原因となります。

ビタミンB1は、脳の活動に必要なブドウ糖をエネルギーに変えてくれますので、脳の働きが良くなり、運動能力も高まります。

そして精神を安定させてくれる働きがありますので、情緒不安定な方やストレス過多な方にはお勧めです。アルツハイマー病にも効果があると報告があります。

最近ではあまり聞きませんが、ビタミンB1が不足しますと脚気になります。その他神経痛や関節痛などの原因になります。

ビタミンB1の過剰摂取について

ビタミンB1は水溶性なので、過剰に摂りすぎても体外に排出される為、過剰摂取による副作用等は心配ありません。

ただし清涼飲料水やスイーツを多く飲食すると、糖質代謝の為にビタミンB1が不足することがあります。その際に一時的に食欲不振になったりはします。

ビタミンB1の摂取方法と多く含む食品

  • 豚肉
  • 胚芽
  • 豆類
  • 玄米
  • ソバ
  • 全穀パン
  • 牛乳
  • 緑黄色野菜
  • たらこ
  • うなぎ
  • 牡蠣

まとめ ビタミンB1が効果のある症状

  • 疲労回復
  • ストレス解放
  • 頭脳明晰

ビタミンB1は、単品で摂るのではなく、ビタミンB群8種類をコンプレックスで摂取すると効果的です。お互いが協力し合って相乗効果が期待できるからです。