アスタキサンチン・ゼアキサンチン・クリプトキサンチンとは?

アスタキサンチンとは、動植物の赤色の色素成分であるカロテノイドです。カロテノイドには優れた抗酸化作用があります。アスタキサンチンはサケやイクラ、鯛、エビ、カニなどの赤色色素です。アスタキサンチンは、1日に3mg以上必要とされていて、サケの切り身3切れ分に相当します。

ゼアキサンチンは、パパイヤ、マンゴー、ほうれん草などに多く含まれます。ゼアキサンチンの摂取目安は1日に6mgです。ほうれん草の半束分に相当します。

クリプトキサンチンはトウモロコシや柑橘類に多く含まれている成分です。特に温州みかんに多く含まれています。クリプトキサンチンの必要摂取量は2mgです。温州ミカン1個分に相当します。

アスタキサンチン・ゼアキサンチン・クリプトキサンチンの効果効能

アスタキサンチンの抗酸化力はビタミンEの数百倍、βカロテンの数十倍と言われています。脂溶性の為、特に血液中のLDLコレステロールの酸化を防いでくれます。血管を守ってくれます。動脈硬化予防・美肌に効果あり。

ゼアキサンチンは、目の網膜や黄斑部に存在して、目の中にできた活性酸素を除去してくれる効果があります。黄斑変性症は、目の黄斑部に存在するルテインやゼアキサンチンの不足が原因と言われています。目の健康に効果あり。

クリプトキサンチンは細胞を保護し、強い抗がん作用があると注目されています。癌予防に効果あり。

まとめ アスタキサンチン・ゼアキサンチン・クリプトキサンチンが効果のある症状

  1. 動脈硬化
  2. 美肌
  3. 目の健康
  4. 癌の予防