癌とは?ガンのメカニズムとは?

日本人の現在の死亡原因のトップは癌です。

最近では3人に1人が癌で死亡し、2人に1人は一生のうち一度は癌にかかるという統計があります。

以下、男性の部位別のガン死亡率のランキングです。

  1. 肺がん
  2. 胃がん
  3. 大腸がん
  4. 肝臓がん
  5. 膵臓がん
  6. 前立腺がん
  7. 食道がん

女性の癌ランキング

  1. 大腸がん
  2. 肺がん
  3. 胃がん
  4. 膵臓がん
  5. 乳がん
  6. 肝臓がん
  7. 胆のう、胆管がん

様々な発がん性物質が発見され、ガンになる遺伝子も見つかっています。

しかし、癌になる原因は、やはり食生活やタバコ、お酒、運動不足などの生活習慣が一番ではないでしょうか。

癌を予防する食べ物や栄養素、サプリメントをよく勉強し、対策を摂る事はとても重要な事です。

ガン予防のアドバイスと癌に効く食品とサプリメント

正常な細胞がガン細胞に変化し、発見されるまでは結構な期間がかかります。この間に、体内の免疫力が高く維持されていれば、癌細胞への変化を防ぐことが出来ます。

細胞のガン化を促進してしまうキッカケの一つは、活性酸素によるDNA(遺伝子)の故障、障害です。

したがって体の抗酸化力を高め、活性酸素の害を抑えれば、癌の予防が期待できます。

ガン発生を抑える作用のある食品には、

  • キノコ類
  • 高麗人参
  • ハトムギ
  • プロポリス などが知られています。

特に

  

  • マイタケ
  • シイタケ
  • 霊芝
  • アガリスク

と言ったキノコ類には、βグルカンという高い免疫作用を持つ多糖類が含まれています。

また、シイタケから抽出したレシチンは抗がん剤にも使われています。

活性酸素を除去する抗酸化物質は、ポリフェノール類や、オリゴメリックプロアントシアニジン(OPC)、ピクノジェノール、フラバンジェノール、ビタミンC、ビタミンEなどが効果的です。

お茶に含まれるカテキン、プロポリスや植物に含まれるフラボノイドには、細胞のガン化を抑える作用があります。

ビタミンAには粘膜や細胞膜の免疫力を高める働きがありますので、ビタミンAが豊富なレバーやほうれん草などの食品を積極的に食べることで、皮膚や臓器が癌に侵されにくくなります。

また、癌にかかりかけた細胞膜の修復にもビタミンAの効果が期待できます。

また、ミネラルの一つであるセレンには抗酸化作用の他に、免疫力を高め、発がん物質を分解・解毒する作用を高めます。

そのほか、食物繊維乳酸菌もガン予防には効きます。

これらの栄養素や食べ物を、サプリメントで積極的に補いましょう。